ドレスによって違うブライダルエステのポイント

MENU

ドレス別エステポイント

ブライダルドレスの種類
・Aライン
・エンパイアライン
・プリンセスライン
・スレンダーライン
・マーメイドライン
・ショートドレス
 etc・・・。

ドレスの特徴

Aライン

その名の通りアルファベットのAの様なシルエットからAラインという名前が着いたドレスです。
アンダーからの切り替えしにより、足なが効果が期待できますが、ウエストラインの絞り等、さほどきつくはないので、誰でも着こなせるタイプとして人気の形となります。
体のラインを強調したドレスではないのでAライン着用の場合のブライダルエステはデコルテ、背中、二の腕となります。

 

 

エンパイアライン

形的にはAラインと似た様な雰囲気もありますが、最大の特徴としてウエストラインに切り返しが無くアンダーから真っすぐとおりたようなラインになっています。
可愛らしい印象となるドレスですが、着こなしを間違えるとマタニティの様な印象になってしまうこともあります。
自分の印象と着て見た時の印象が全く異なるのがエンパイアラインです。
エンパイアラインを着用される場合のブライダルエステはAライン同様デコルテ、背中、二の腕となります。

 

 

プリンセスライン

最も正統派なドレスで、お姫様ドレスとも言われています。
上半身は締まったていてウエストから切り替えしがあるのでウエストを細く見せる効果があります。
スカート部分にパニエを装着しフワッとした着こなしができます。
プリンセスラインを着用される場合のブライダルエステはデコルテ、背中、二の腕、そして、ウエストとなります。
ウエストは見えない部分にはなりますが、より綺麗なラインを披露するためには欠かせないポイントとなります。

 

 

スレンダーライン

名前の通りスレンダーなラインを強調させるドレスです。
ボディラインにそったドレスなので、背の高い方や細身の方が着るととても栄えるドレスです。
ラインが重要なドレスになるので全体のブライダルエステが重要となります。
特にウエストからヒップにかけてのラインを重点的に引き締める事でより、洗礼された印象となります。
スレンダーラインの注意点としてラインに沿うドレスにすることは重要ですがあまりにもピッタリなサイズにしてしまうと椅子に座ったりする時に苦労します。
試着後にしゃがむことのできるサイズか確認が必要となります。
また裾の広がりが無いのも特徴で、小幅で歩く形となり、動く!という事を多少制限されます。

 

 

マーメイドライン

マーメイドという名からも想像できる通り、人魚の様な雰囲気が出せるドレスです。
スレンダーラインと異なる点は裾の部分ぐらいでブライダルエステを行う箇所もスレンダーラインと同様です。
スレンダーラインよりは若干、動きやすいドレスといえます。

 

 

ショートドレス

挙式で着用する方はあまりいませんが、2着目としてショートドレスを選択される方が多いです。
ショートですので、勿論足の露出が唯一あります。
基本的にブライダルエステに通う方のほとんどが足は見えないからという理由で膝下を行う方はあまりいませんがショートドレスを綺麗に着こなすには膝下も重点的に行うべきところとなります。