ある女性のブライダル奮闘記

MENU

奮闘記

 

34歳
旦那36歳
初婚
挙式予定4か月後
挙式:バリ島
披露宴:東京
身長:164cm
体重:55kg

 

34歳にしてようやく結婚できそうです。
式をする頃には35歳ですが…。
彼とは4年程付き合ってプロポーズされました。
このままいけばするだろうとは思っていましたが、歳と重ねるごとに少し不安もあったので、嬉しさとホッとしたというのが本音です。
甘い新婚生活なんてのは夢みていませんが、結婚式だけは20代に戻った様な気持ちで望みたい、楽しみたい!そんな気持ちです。

 

34歳という年齢もあり、日頃からたまーにエステには通っています。
ですが、今回はブライダルという事で、しっかり通って気持ちも20代、身体も出来るだけ若返り20代とは言いませんが、努力が解る様な身体になりたいと思い、たまに通うエステではなく、ブライダルに強いエステサロンを探しました。

 

3箇所の候補をあげて、カウンセリング(無料)に行ってみました。

 

サロンA/友人が通ったブライダルエステ
サロンB/有名店
サロンC/人気店(結構安い?)

 

3店舗とも、感触は悪くはなく、かと言って抜きに出た良さも感じなかったので当時はまだ仕事中という事もあり予約の一番取りやすそうな所に決めました。考えてみれば一番対応も良かったのも決めての一つ。(サロンA 友人が通ったブライダルエステ)

 

ドレスを考えたら、ウエストから下は手をつけなくてもいいと判断したので契約内容はフェイシャルと、デコルテライン

 

特にフェイシャルを気にしていたのでどれだけ変われるか楽しみでした。
34歳、日頃のお手入れをしているとはいえ、やはり年齢がバッチリ顔に出ています。
毎日の激務からのクマ。年齢を重ねた証拠である、シワ。
そして何よりも気になるのが顔のたるみ。
一日では絶対に改善出来ない悩みを8ヶ月かけて改善出来たら…そんな思いでした。

 

 

フェイシャル内容

先ずはクレンジングで汚れを落とす
毎日の洗顔と同じ?いいえ、全く違います。
中の中まで汚れを落としてもらっているかの様な感覚で、クレンジング後にスチーマーで蒸気をあてられ毛穴を開く開くこんな感じで5分程放置され、その後マッサージと共に更なる汚れを落としていきました。
一度クレンジングしたのに汚れの取れ具合に驚きました。
マッサージの具合も気持ち〜、思わずウトウトzzzです。

 

次に、洗顔
クリームの様な泡で顔〜デコルテにかけてをマッサージ。
こちらも心地の良さに眠ってしまいそうになりました。

 

リンパの流れに沿ったマッサージは首のコリをも癒してくれてこれまでの詰まりを流しているのだとか。
リンパの流れをよくする事でむくみは勿論、くすみの解消にもなるそうです。
顔は上へ上へという様なマッサージなのでリフトアップも大いに期待
顔で上へ流し、耳の後ろあたりからリンパへ流す。
(家でやっても効果はあるそうです。)

 

続いて、毛穴の吸引毛穴に詰まった皮脂をスポッスポッと吸引してもらいボコボコ感やザラツキを解消。
余分なものを取り除いたら今度は美容液を導入。
私は、皮脂、美白、くすみと気にしていたのでそれにあった美容液を導入されました。
その人の肌の悩みや肌質によって導入する美容液は変更できるそうです。

 

導入後は導入した美容液を浸透させる為のパックです。
美白効果もあるというパックを顔全体からデコルテまでしいてもらい、しばし放置。
ここで完全に眠りに入ってしまいました。

 

たぶん10分ぐらいした頃、『●●さ〜ん』と起こされ、目覚めました。

 

パックをはがしてもらい、最後にローションとクリームで整えてもらい終了
終了と同時に、やはり触ってみてしまい、自分の肌の弾力感に満足。

 

勿論化粧をして行っても構わない様ですが、この後、予定が無いならこのまま帰宅した方が良い様です。

 

私は、予定があったにも関わらず、スッピンで帰宅。
スッピンでもイケる!?と思えるぐらいの仕上がるだったので自信をもってスッピンでサロンを後にしました。

 

 

美容液の中身を毎回異なる内容にして施術する事も出来たので式当日は自分で言うのもなんですが完璧な顔?輝いていたと思います。

 

今回、私が行ったブライダルエステは主にフェイシャルだったのですが、痩身もやっておけば良かったと少し後悔しました。
初めてドレスを試着した時よりも、最終フィッティングの時は特にダイエットをしていなかったにも関わらず多少緩みを感じた状態で式に挑める状態だったのですが、バリという海外挙式の為、飛行機でのむくみが出たのか当日ドレスが今まで以上にきつかったんです。

 

自分でむくむタイプと解っていたのに、身体はほぼ手つかずでいた事に少し反省です。
コースを組まないにしても、海外で挙式を検討されている方には現地についてからでも構いません。身体のケアをおすすめします