エステに通わずとも、自宅でも工夫すればしっかりケアできます。

MENU

自宅でできるケア

 

エステに通わないで、自分で出来るケア方法について紹介いたします。

 

肌の潤いやハリ、ツヤなどのスキンケアとボディメイク、アンチエイジングなど、美容全般の自宅で出来るケア方法です。

 

 

 

自宅のケアで小顔効果を得るには美顔フェイスローラーが必要になります。
効果を出すには、日頃からマメに使用する必要があります。テレビを見ながらでも良いですし、音楽を聴きながら、読書をしながら、お風呂に入りながらなど、何かにつけて使用する癖をつけましょう。

 

 

 

自宅で出来る楽な二の腕の引き締め方法としては、二の腕ニッパーのような、二の腕に巻いておくだけでいい商品がおすすめです。
経済的に安く済ませたい場合(アイテムを購入したくない場合)は、ラップなどでグルグル巻きにする方法もあります。

 

また、通販で二の腕を鍛える商品を買うのも良いかと思います。
テレビや音楽を聴きながら出来るため、続けるのも難しくないかと思います。

 

 

 

最近では、ワンダーコアスマートなどの深夜にやっている通販商品も人気があります。
ジムで使用しているようなダンベルを1つ購入しても良いかもしれません。

 

 

 

エステなどで行なっているピーリングを自宅で行なうことも可能です。

 

ピーリングとは、角質落とし・角質ケアのことですが、エステのメニューとして受けるとそれなりの値段がします。
経済的に安く済ませたい場合は、クエン酸ローションを自作してしまう方法もあります。

 

ピーリングに使うコットン

方法は、精製水を薬局などで買ってきてグリセリン、クエン酸、重曹の順番に混ぜ合わせるだけです。

 

自分で混ぜるのが不安な方は、薬局などでお願いすれば低価格で作ってもらえます

 

それを綿類などに染み込ませて、顔にポンポンと叩くように染み込ませます。
少しして肌に染み込んだ感じがあれば、洗顔などで落として下さい。
自分でピーリングを行なった後は、保湿をしっかりと行なうようにしましょう。

 

また、肌が敏感な朝などは避け、夜に行なうようにした方が良いと思われます。
自分でピーリングをするとエステ代をかけず、自宅で肌のケアが可能です。

 

 

 

また、レッグやヒップ部分の引き締めには、サイクルツイスターのような自転車をこぐ器具があると自宅でもケアが可能です。
全身用電子ローラーを購入してマッサージしても良いかもしれません。

 

 

 

体の大抵の部分は自宅でケア出来ると思います。
肌のお手入れとボディメイクなど出来ることは多いので、経済的に安く済ませたい方はこれらの方法を試してみてはいかがでしょうか。