ブライダルメイクはベースメイクをしっかりして、アイメイクはラメを使って立体感を出します。

MENU

ブライダルメイクについて

 

ブライダルメイクのイメージ画像

 

ブライダルメイクはその名の通り「花嫁にするメイク」の事です。
きれいなウェディングドレスを着て、華やかなシーンで一生に一度の晴れ舞台でもある花嫁をより一層きれいにするためのメイクです。
普段のメイクとの違いがあるの?と思われる方は多いかもしれませんね。

 

いつもしているメイクの状態でウェディングドレスを着ると、なんとなく顔とのバランスが悪く感じてしまうものなのです。
それは、華やかなウェディングドレスよりもメイクをしている顔が地味になってしまうためです。

 

では、濃くすればよいのでは?という事でもありません。
あまり派手にメイクを「盛って」しまうと、今度は顔自体がメイクに負けてしまうことになりかねません。

 

要するにブライダルメイクは「派手に見えるのではなく、華やかなウェディングドレスに負けない顔にするメイク」のことを言うのです。

 

ブライダルメイクをする為には、まずドレスやアクセサリーを決め、それにあったメイクを式場専門のプロがしてくれます。
自分の希望にあったメイクにしてもらう為にも、前もって担当者とメイクリハーサルを行います。

 

自分がどんなメイクをしてほしいのか、肌が荒れやすいなど当日になってトラブルが起きないようにするためにも、しっかり打ち合わせをしておく事が大切です。

 

また、結婚式は写真や映像を撮ったりとられたりする事が多いので、メイクリハーサル時に写真を撮って、映り具合を確認する事が大切です。

 

では、具体的にブライダルメイクはどのようにするのでしょうか?

 

 

 

1つは「ベースメイクをしっかりすること」です。

 

ベースメイクをしっかりする事で美肌をつくることができ、なかなか化粧直しをするタイミングがないのにも関わらず、化粧が崩れやすい環境におかれる花嫁のメイク崩れを防ぐことができます。

 

一般的にベースメイクは1色のファンデーションのみを使用する事がほとんどですが、ブライダルメイクでは何種類ものファンデーションを使用して顔にあるシミ、ほくろ、毛穴、小じわなど気になる部分をカバーします。

 

その上で厚塗り感を出さないようにしなければなりません。
また、ピンクのやオレンジのチークを使ってより肌の血色を良く見せたりします。

 

 

 

2つ目は「アイメイク」です。

 

いつもは派手に見えるからあまり使うことのないラメを使って立体感を出したりします。
色は肌なじみしやすいナチュラルブラウンやピンクなどが使われる事が多いです。
リップははなやかに見せる為にピンクや明るいベージュなど少し派手目の色になる事が多いです。
全体的にクールなメイクではなく、暖色系のカラーを使ったメイクである事の方が多いです。