結婚式場のヘアメイクの担当者と髪型の打ち合わせをしてから、美容院に行くのが良いでしょう。

MENU

美容院には何日前に行くべき?

 

美容院にいつ行くべきか考える女性

結婚式は人生の晴れ舞台です。
特にその主役である花嫁は色々な箇所が気になるものですよね。

 

その中でも特に気になることの1つに「美容院」があるのではないのでしょうか?

 

特にパーマやカラーをする方は結婚式の何日前に美容院へ行けばきれいな状態の髪で結婚式を挙げられるのか気になりますよね。

 

そこでここでは花嫁が美容院に行くベストなタイミングについてご紹介します。

 

美容院はいつ行くべき?

 

できれば3日~5日前までに美容院に行く事をおすすめします。
カラーやパーマは翌日まで薬剤が残ってしまったり髪がごわついてしまうことがあるので、直前はおすすめしません

 

また、カラーやパーマに気になる部分があった場合、美容院で修繕する為にも、結婚式当日から少し余裕のある日数があったほうがよいです。

 

カットするだけであれば、ほとんどの花嫁は当日髪型を作るためそれほど気にする事はありません。

 

しかし、前回の美容院から日数が経っており、結婚式当日にアレンジがしにくい感じであれば、カットしてから式に臨んだほうがよいでしょう。

 

美容院にいく場合、できるだけ何度も通っている美容院に行くようにしたほうがよいでしょう。
通いなれている美容院にはお客様1人1人に対してカルテを残しています。
そのためお客様の髪のクセなどを把握しており、施術後のトラブルを防ぐ事が出来ます。

 

美容院に行く前に結婚式場のヘアメイクの人とどのような髪型にしたいのかきちんと話し合いをしておきましょう。
打ち合わせをせずに勝手に美容院に行ってしまうと、当日自分の思ったようなヘアスタイルにならない場合もあります。

 

カラーリングやパーマ、髪の長さなど当日自分がどのような髪で式場に来るのかをきちんと伝えてから、その通りに美容院で施術してもらいましょう。

 

 

ネイルはいつやるべき?

 

近年の美容室はネイルサロンを併設しているところもたくさんあります。
指輪の交換やケーキカットなど花嫁は手元に注目されやすいものです。

 

いつもはなかなかネイルをする事がない方も、この機会にネイルサロンに行ってみるのもいいかもしれませんね。
ネイルサロンで施術してもらう場合、多くは長持ちするように施術をしてもらえます。
しかし、どうしても日数が経つと爪が伸びたり剥がれたりして劣化していってしまうのです。

 

出来るだけ式当日から近い日、2~3日前までにやってもらうようにしたほうがよいでしょう。

 

当日式場でヘアメイクの1つとしてネイルをしてもらえるところもありますので、ヘアメイクの打ち合わせ時に確認をしておくようにしましょう

 

花嫁は結婚式が近づくと忙しくなってくるものです。
余裕をもった予定を組んでおくようにこころがけましょう。